さよなら金利1.2%。さよなら東京スター銀行。そしてさよなら過去の自分。

      2017/10/04

東京スター銀行





ローズマリーです。

私が持っている定期預金の中ではダントツに金利が高かった(1.2%)東京スター銀行の仕組み預金(右肩上がり円定期)。

1つは6月に満期を迎えましたが、もう1つ持っていたものも9月に満期となりました。
(参考記事)→金利1.2%は継続できず。東京スター銀行の仕組み預金(右肩上がり円定期)が満期償還

高金利の仕組預金(右肩上がり円定期)。6年間お世話になりました。

この仕組預金(右肩上がり円定期)。最初の3年は金利1.0%、次の3年は1.2%と今の定期預金金利と比べると非常に高い金利でした。(さらに継続すれば1.5%まで上がる予定でした)
この定期を預けたのは6年前。当時はまだ探せばこのように高金利のお宝定期預金がありました。今はどう探したって0.5%が限界です。(新生銀行のバースデー定期がたしか0.5%だったはず)。無リスク資産としては高利回りで活躍してくれました。

満期になったお金はだいしん未来定期へ

満期になる少し前に東京スター銀行の担当者さんから電話がかかってきました。おそらく満期になった後の運用として別の商品を勧めたかったのだろうと思いますが、仕事中だったこともあり説明を聞くのを断りました。

満期になったお金は、新しく開設しただいしん未来支店のセンスに移しました。こちらは0.395%ですが、(10/1からは0.37%に下がります)普通の銀行の定期預金に比べれば高い金利なので良しとします。

(参考記事:金利0.395%の定期預金が全国どこでも可能に。だいしん未来支店で定期預金を作る方法を徹底解説。)

これで東京スター銀行とのおつきあいは終わりです。今までお世話になりました。

この預金をつくった経緯は黒歴史

このお金を預けたのは6年前。黒歴史を歩んでいる時でした。
当時おつきあいしていた人にすでに大金を貸していたのですが、更にもう少し貸してほしいといわれ、

もう、動かせるお金は手元にはない

という状態にするために、当時持っていた余裕資金をすべてこの東京スター銀行の仕組預金に預けたのです。

(参考記事→金の切れ目が縁の切れ目?

あれからもう6年。

当時はひとりのさみしさから変なことをいろいろやっちゃってましたが、今はもう大丈夫。

過去のバカだった自分にもさよならを告げたいと思います。

 - 定期預金