金利0.395%の定期預金が全国どこでも可能に。だいしん未来支店で定期預金を作る方法を徹底解説。

      2017/09/19

img_5991.jpg





こんにちは。ローズマリーです。
私が持ってる定期預金で一番金利が高いのは大阪信用金庫のネットDE定期です。金利は0.395%!

でも、このネットDE定期を作るには、まず実店舗へ行って口座を開設する必要があるのが難点。大阪近郊に住んでいて実店舗が近くにある人には便利なのですが、その他の地域の人には使えません。

参考記事→高金利の定期預金!大阪信用金庫と大阪シティ信用金庫を比較。

でも最近大阪信用金庫でも、郵送で口座開設できて電話で取引できるだいしん未来支店ができました。このだいしん未来支店で扱っている定期預金「センス」はネットDE定期と同じく金利0.395%と高金利です。

実際の使い心地を知るために口座を開設して定期預金をしてみたのでレポートします。

だいしん未来支店とは

店舗や窓口はありません。お電話で、お取引いただくテレホンバンキング専用店舗です。
(インターネットバンキングではありません。)
預金通帳や証書は発行いたしません。
日本国内に住所を有する20歳以上の個人のお客様のみご利用いただけます。

口座開設手続き

大阪信用金庫 だいしん未来支店のページへ行き、口座開設「資料請求はこちら」をクリックすると、住所・氏名・電話番号などを入力する画面が出てきます。ここに必要事項を入力すると、口座開設用の資料が送られてきます。

この資料に住所、氏名などの必要事項を記入して返送します。本人確認に必要なのは運転免許証などのコピーのみです。
また、定期が満期になったときに受け取る銀行の口座を書く必要があります。大阪信用金庫の他口座への振り込み手数料は無料ですが、他行への振り込み手数料は432円(5万円以上のとき)です。

口座開設までには3週間ほどかかります。

「口座開設用の資料を送ったのにまだ書類が届かないな…なにか不備があったのかしら?」

良く調べると開設まで3週間ほどかかると書いていました。大阪シティ信用金庫の場合はすぐに届いたのですが。

参考記事→0.36%と高金利の定期預金が全国どこからも申し込める!大阪シティ信用金庫夢ふくらむ支店の使い方を徹底解説

本人限定受取郵便物特定事項伝達型の到着のお知らせが届く

口座開設資料を送って約3週間。郵便ポストに「本人限定受取郵便物特定事項伝達型の到着のお知らせが」というあやしげな封筒が入ってました。

これは自宅住所で本人が受け取らないといけない郵便物が届きますよ、という案内です。
本人以外の家族でも受け取れないそうです。

郵便局へ電話して受け取り日時を指定します。受取時には本人確認のための書類(運転免許証など)が必要です。
郵便局の窓口で受け取ることもできます。

これで受け取れるのは「テレホンバンキング利用カード」です。

必要なカードは2枚。別々に届きます

「キャッシュカード」は上の「テレホンバンキング利用カード」とは別に簡易書留で届きます。安全性のためには別送の方が良いけど、受け取るのはちょっと面倒です。

定期預金を作るには?

まずは新しく開設した自分の口座にお金を振り込みます。振り込み手数料が無料になる新生銀行や住信SBIネット銀行などを使うのが良いでしょう。

その後、「テレホンバンキング利用方法」に従って電話で操作します。

操作は電話だけでOKです。オペレーターさんと話をしなくても済むのはラクだけど、このテレホンバンキング利用方法の紙が小さくて字が読みづらいので高齢の方にはハードルが高いかもしれません。

預入単位は1口100万円以上1,000万円以下 お一人様1,000万円が上限です。

無事に定期預金ができると後日、だいしん定期「センス」作成手続き完了のお知らせ という手紙が届きます。

定期預金の解約も電話でできます。

平成29年10月1日(日)から金利が下がります

現在の金利は0.395%ですが、平成29年10月1日(日)から金利が0.370%(税引き後 0.294%)に下がります。
大阪シティ信用金庫の金利が0.36%なのでその差はたったの0.01%となります。
口座開設までには約3週間かかるので、今すぐ定期を作りたい方は急いで口座開設するのが良いでしょう。

大阪シティ信用金庫と大阪信用金庫、どちらが良い?

全国どこでも郵送で口座が作れてテレホンバンキングで高金利の定期預金ができるという点ではどちらも同じです。

・金利の面では大阪信用金庫の方が良い。(0.395%→0.37% VS 0.36%)
・口座の作りやすさ(必要書類の受け取り方法など)では大阪シティ信用金庫の方が良い。
・テレホンバンキングのやり方はお好みで。
・満期になった時、大阪シティ信用金庫は無料でどの銀行口座にも振り込んでくれるのに対し、大阪信用金庫の場合は口座指定、振り込み手数料必要なので大阪シティ信用金庫の方が良い。

金利だけを考えると大阪信用金庫に軍配が上がりますが、使いやすさや満期時の手数料を考えると大阪シティ信用金庫の方が良いでしょうか。もちろん両方つかうこともできます。お好みで使い分けてください。

 - 定期預金