ふるさと納税で家電をもらうには茨城県日立市がおすすめです

      2017/10/06

img_5846.jpg





こんにちは ローズマリーです。
茨城県日立市にふるさと納税をし、お礼の品として炊飯器をもらいました。

ふるさと納税はわたしたち納税者にはお得な制度です。
限度額の範囲であれば(ふるさと納税した金額-2,000円)が所得税の還付と住民税の減税という形で返ってきて、好きな商品(返礼品)をもらえます。

ただ、最近は自治体同士の返礼品合戦になって還元率が高くなりすぎている傾向があり、総務省は換金性のある商品券や家電の規制を進めてます。

そんななかでも家電をもらえる貴重な自治体が茨城県日立市です。日立市へのふるさと納税では炊飯器以外にもいろんな家電がもらえます。どんなものがもらえるのかチェックしました。

私がもらった炊飯器はこちらのものです。
45,000円の寄付で15,000円相当の炊飯器がもらえます。還元率は約33%です。
(私が寄付したのは今年の初め頃だったので30,000万円の寄付で同じものがもらえました。還元率約50%です。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】H-1 炊飯器
価格:45000円(税込、送料無料) (2017/10/2時点)

 

いわゆる普通のジャー炊飯器ですが、炊飯のモードは以下の5つがあって好みによって選べるようになってます。
・ふつう
・極上
・快速
・炊込み
・おかゆ

今まで使っていたのは保温機能のないガス炊飯器でした。
gas-suihanki

ガス炊飯器の良いところは直火で早く炊けること。2合ぐらいのお米なら10分ちょっとで炊けるのが気に入ってました。

そして炊けたお米を保温しているとどんどん味が落ちてくるのが気になるので保温機能の無いシンプルなものを愛用してました。余ったご飯はタッパーに入れて冷凍保存してレンジでチンすればいつも美味しいご飯が食べられます。

でも相方くんが

「今の炊飯器は保温しても味は落ちない」

「いちいち保存容器に移すのは面倒」

というので保温機能がついた普通のジャー炊飯器を選びました。

たしかにお昼にお米を多めに炊いて夜まで保温しても美味しく食べられました。昔の炊飯器より進化したのでしょう。

この炊飯器と迷ったのがこちらの商品です。

少人数家庭用に少ないお米(2合まで)でも美味しく炊けるように設計されているようです。形もスタイリッシュで素敵。だけどお値段が高い。110,000円以上の寄付が必要です。

ふるさと納税はこれだけ!という方や高額納税者の方にはおすすめです。色違いでゴールドもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】K-1 炊飯器(2合用・メタリックレッド )
価格:110000円(税込、送料無料) (2017/10/2時点)

 

炊飯器の他に掃除機もありました。こちらは50,000円の寄付でもらえます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】I-1 掃除機
価格:50000円(税込、送料無料) (2017/10/2時点)

 

こちらはスタイリッシュなスティック型掃除機。これなら部屋の片隅においていても良さそうですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】K-4 掃除機(スティック型)
価格:110000円(税込、送料無料) (2017/10/2時点)

 

さらにお金を出せば、電子レンジも手に入ります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】M-1 電子レンジ(メタリックレッド)
価格:270000円(税込、送料無料) (2017/10/2時点)

 

ふるさと納税はお得な制度ですが、上に書いたように返礼品合戦で自治体が疲弊したり、ふるさと納税する人が住んでいる自治体への住民税が、お礼の品が豊富な地方へ回ることでいろんな歪みが出てきており、個人的には今後還元率はますます低くなるのでは、と思ってます。

還元率の良いお礼の品を狙うのであれば、早めにふるさと納税するのがお得ではないでしょうか。

 - ふるさと納税