専業主夫と会社員妻の家事分担。できる方ができることをするのが我が家のルール

   



こんにちは、ローズマリーです。

我が家は専業主夫の相方くんと会社員ローズマリーの2人暮らしです。相方くんにほとんどの家事をやってもらってるので一人暮らしの時に比べてほんとにラクになりました。

専業主夫家庭はまだ少数派だと思います。専業主夫との生活ってどんな感じなのか、我が家の生活を紹介します。

相方くんの家事能力

相方くんは結婚するまでは自宅暮らしでした。
お母様がなんでもできてしまう人で、家にいる時は家事はほとんどしていません。この時は家事能力ゼロ!

最初に一緒に旅行した時、着終わったシャツをたたんでと言われてびっくりしました。たたみ方も習ってなかったのかと。

私と付き合うようになり、私が家の掃除や片付けをしているのを見て掃除はできるようになりました。今は空気清浄機とダイソンの掃除機、クイックルワイパーを駆使してこまめに掃除しています。

我が家へ引っ越して来てから洗濯機の使い方を覚えました。

包丁を使うのが苦手なので料理はできません。でも包丁を使わないでできる目玉焼きなどは作れます。

私の家事能力

一人暮らし歴が長いのでひととおりの家事はできます。でも平日は仕事で疲れているので家事をする体力があまり残ってません。

相方くんと一緒に住む前は、平日の家事は洗濯だけ。気が向けばトイレなどをちょこっと掃除。週末にがーっと掃除・料理(お弁当のかずなどを作りだめ)・洗濯をするという生活でした。

こんな2人の家事分担はこんな感じです。

平日の家事

朝ごはんはシリアルなどで済ませるので各自が自分の食べるものを準備します。果物がある時は私が剥きます。

相方くんが掃除、洗濯をします。掃除はクイックルワイパーを使って1日3回。食後食器を洗った後に台所の床を拭き、そのまま家の中をクイックルワイパーでくるっと拭く習慣が身についてます。週に1度は水拭き。その他の日は乾拭きと使い分けてます。

その他、空気清浄機のメンテナンス(結構ホコリがたまるそうです)、お風呂掃除、トイレ掃除、ゴミ出し、宅配便の受取り、ガスなどの点検の立ち会いなどすべてやってくれます。さすがは専業主夫!(と持ち上げておきます)お風呂掃除とトイレ掃除は曜日を決めてやってます。

お昼ごはんは私が作りおきしたものかコンビニで買ってきたものを食べてます。もちろん食器の片付けも相方くんがしています。

「包丁を使う調理」以外は相方くんの担当です。お米をといでご飯を炊く、テーブルに取り皿やお箸を並べるなど、すべて準備できた状態で私が帰ってきます。週末に常備菜を作っていれば私が作るのは一品か二品。台所もきれいな状態になっているので料理の時間は短くて済みます。カレーなどを作りおきしてれば私のすることはありません。

その他

気が向けば、というか気になるところがあれば私が拭き掃除をします。主に洗面所担当。余裕があればトイレ掃除をするくらいです。

相方くんの洗濯物は自分でたたんでしまってますが、私の洗濯物は私の部屋にざっと置いてくれてるのでたたんでしまうのは私の仕事です

週末の家事

週末は一緒に食料を買い出しに行きます。週末に食べるものと私のお弁当。そして一週間のメインとなるおかずの材料です。
そして買ってきたものを使って常備菜やメインのおかずを作ります。これは私の担当です。
食べた後の食器洗いと片付けは相方くんがやってくれます。これは普段通りで、その後のクイックルワイパー掃除も相方くんがやってます。

洗濯は一緒にやります。私が干す前にシワを伸ばす係で、相方くんが干す係になることが多いです。

その他、気が向けば私は普段相方くんも目が届かない場所(食器棚の中や扉、部屋のすみっこの汚れなど)やトイレ掃除をします。

あと、週末は家計簿をつけたり足りない食材をネット注文したりします。これは私の担当です。
(相方くんはパソコン苦手なのでネット注文などできません。相方くんが欲しいものもまとめて私が注文します。)

夫婦円満のコツは相手のやり方にケチをつけないこと。お互いが自分のできることをする。

少し前、洗剤無しでのトイレ掃除方法について書きましたが、我が家にはトイレクイックル(トイレ専用拭き掃除用ウェットペーパー)やトイレ用洗剤があります。

(→洗剤なしでも5分でピカピカ!わたしのトイレ掃除方法

私はマイクロファイバーでキュキュっと磨き上げたい派だけど相方くんは洗剤を使ってゴシゴシしたい派。
この時、私のやり方を押し付けたらケンカになってしまいます。相方くんが掃除する時は相方くんの好きなようにやってもらってます。

食器洗いも私は食器用洗剤ではなくせっけんで洗っていたのですが、洗剤派の相方くんに負け・・・

食器洗い用のせっけんは撤去されました。
私が食器洗いをするのは少ないので相方くんに従うのが一番です。

相方くんに気持ち良く家事をしてもらうためには折れることも必要。
私には私のやり方があるように相方くんには相方くんのやり方があるのです。少々のことは目をつぶることにしました。
(なので相方くんが一人で干した洗濯物はしわしわなこともありますが文句は言いません)

まとめ

書き出してみると、平日は私はほとんど家事をせず、週末も料理以外はほとんど相方くんに任せてることがわかりました。
結婚する前と比べるとほんとにラクになりました。
仕事から帰ってくると部屋は綺麗だし洗濯物もたまってない。食事の準備もあらかたできてる。
理想的な生活です。

夫婦共働きで家事もそれぞれ分担する(夫婦どちらもひととおりの家事ができる)というのが理想ですが、適材適所でお互いがそれぞれ自分のできることをして補い合っていくという生活もありだと思います。

今、仕事を頑張っていて家事なんてやってられないっ!という忙しい女性の方は、結婚相手に専業主夫になってもらうという選択も考えてみてはいかがでしょうか。

 - 再婚への道のり・再婚生活, 家事