相方くんの年金後納完了。nanacoカードで10万円超の支払いをする方法まとめ

      2016/09/29

nanacocard

ローズマリーです。

先日書いたように相方くんは長いあいだ国民年金を払ってませんでした。

同居を機会に国民年金加入の手続きをし、2年分の年金を遡って少しずつ後納して残りは7カ月分。平成27年度の国民年金は15,590円/月なので、15,590×7=109,130円をnanacoカードで一括払いしました。

参考記事→相方くんの年金事情。ねんきん定期便があって良かった。

nanacoで10万円を超える支払いをするのはちょっと難しいのですが今回は準備万端でスムーズに支払えたので支払い方法を書いておきます。

nanacoカードの限度額をおさらい

  • nanacoカードにチャージできる限度額は5万円。
  • センター預かりの限度額も5万円。
  • 1回のクレジットカードチャージ限度額は29,000円。

10万円を超える料金を支払う方法

下準備1:クレジットチャージしてnanacoカードのチャージ額を50,000円に

手持ちのnanacoカードの残高を確認し、50,000円-残高分をチャージします。
一回のチャージ限度額は29,000円なので2回に分けても良いでしょう。

このときチャージ額が50,000円を超えないように注意します。残高が7,700円だったら42,000円分をチャージして合計49,700円に。43,000円分チャージすると5万円を超えるのでチャージできなくなります。

チャージできたらセブンイレブンの機械で残高照会し、チャージ分をnanacoカードに反映させます。

下準備2:さらにセンター預かり分50,000円をクレジットチャージ

さらに50,000円分をクレジットカードチャージします。
繰り返しますが、このチャージは最初のチャージ分をnanacoカードに反映してからにしてください。

下準備3:スマホ(iPod touch)からnanacoページにログインしてクレジットチャージ直前までの操作を

レジでの支払いの3回めは新しくクレジットチャージしてからです。レジでもたもたして迷惑をかけないよう、クレジットチャージ直前までの操作をしてからセブンイレブンへ出かけます。なるべくレジが混んでない時間帯を選ぶことも忘れずに。

支払い1:nanacoカードに入ってるお金を使う

レジで伝票を出し、nanacoカードで支払うと伝えます。カードを出してまずはカードの中に残ってる金額を全部支払います。

支払い2:センター預かり分を使う

1回目の支払い後、レジで残高照会すると下準備2で入れたセンター預かり分5万円がカードに入るのでこのお金で支払います。ここまでで約10万円の支払いが完了してます。

支払い3:新しくクレジットチャージして残りのお金を払う

残りの金額を考えて足りない分を新しくクレジットチャージします。下準備3で準備したスマホを使います。その後レジで残高照会してカードにお金を反映し、最後の支払い終了です。

リクルートポイントの使い道

リクルートカードのポイントは1.2%なので
今回の支払いで1309円分のポイントがつきます(正確にはクレジットチャージした金額の1.2%のポイントがつきます)。

このポイントはPontaポイントにしてLAWSONで使うこともできるけど、ポンパレモールで使うのがお得です。送料無料のところもあるので主にお米などの必需品や本を買ってます。



 - お金にまつわるあれこれ, 節約