洗剤なしでも5分でピカピカ!わたしのトイレ掃除方法

      2017/10/10

トイレ全体のイメージ



こんにちは、ローズマリーです。

毎日使う場所だからこそキレイに保っておきたいのがトイレです。
トイレを綺麗にしていると金運がアップするとも言われてますね。
そこで、洗剤を使わなくてもたった5分でできる私のトイレ掃除方法を紹介します。

使うのはマイクロファイバークロス2枚だけ

使うのは以前も紹介したマイクロファイバークロス2枚です。

マイクロファイバークロスは使う場所によって色を使いわけると良いです。
こんな風にマジックで「トイレ」と書いておくとわかりやすいです。

マイクロファイバー2枚

水拭きと乾拭きを繰り返し。きれいな場所から汚れている場所へと順番に一箇所ずつ仕上げます。

2枚のクロスのうち1つを水につけて絞ります。水拭き用のクロスと乾拭き用のクロスです。
一箇所ずつ水拭き、乾拭きをして仕上げます。

まずは台の上を拭きます。水拭きした後乾拭きです。
汚れが手につくのが気になる方は手袋をして掃除しましょう。

台の上を拭いているイメージ
次にタンクを拭きます。上だけでなく側面や裏面もしっかり拭きましょう。繰り返しになりますが、水拭きして汚れを落とした後乾拭きで水気をとってピカピカにします。
トイレのタンク

左側の金属部分も水拭き→乾拭きします。こういう金属部分をピカッと光らせておくとトイレ全体がキレイに見えます。

タンク左側の金属部分

水拭きのクロスが汚れてきたら、適宜水洗いして下さい。こまめに掃除していればここまでではそんなに汚れないと思います。

便器とタンクの間にはホコリが溜まりやすいので丁寧に拭き取りましょう。温水便座のパネルの上、ふたの上部分を拭いたら便座の外側部分を拭きます。ここにもホコリが溜まりやすいです。

便器とタンクの間のイメージ

蓋の裏側、便座のおしりが当たる部分を拭いたら上に上げて裏側を拭きます。ここも汚れがつきやすいです。

便座の裏側

ここまで拭いたら、便器の上側を拭きます。
温水が出て来る部分も引っ張り出して拭きましょう。このあたりは水拭きだけで良いです。

勇気を出して便器の内側もクロスで拭きます。ふちの裏側に汚れが溜まりやすいので力を入れてこすり取りましょう。

便器の奥の方にも手を入れてゴシゴシしたら水を流してクロスを洗います。タンクから出てくる水はキレイですよ。

トイレの水を流しているイメージ

クロスを絞ったら、トイレットペーパーホルダーやタオル掛けを拭きます。意外とホコリが溜まってます。ここからは水拭きの後乾拭きします。

トイレの床を拭きます。奥の手が届きにくいところには細い棒を使うと良いです。
端っこの桟の部分にもホコリが溜まりやすいので丁寧に拭きましょう。
トイレの床を拭いているイメージ

我が家のトイレには手洗いがついているので、最後にこの手洗いのシンクを拭きます。
汚れが気になる時には重曹を振りかけてゴシゴシこすりましょう。
水回りのイメージ

この手洗いで2枚のクロスをしっかり洗って外に干します。

一通り掃除が終わればトイレはピカピカ!
慣れてくれば5分で掃除が終わります。

トイレ全体のイメージ

掃除をしやすくするため、カバー類は使ってません

このマンションへ引っ越してきた当初はトイレには蓋カバー、トイレットペーパーホルダー、マット、スリッパを置いてました。

でもカバー類は埃を吸うし掃除がしにくくなるのでまずはマットを断捨離しました。
その後蓋カバーも断捨離してトイレットペーパーホルダーとスリッパだけを残してましたが、
・トイレットペーパーホルダー→足元の棚の中に予備を1つ入れておけば良い。
・スリッパ→こまめに掃除していれば汚れない。
という理由で全てなくしました。これで掃除の時短にもなりました。

まとめ

以上、マイクロファイバー2枚でできるトイレ掃除方法でした。
こびりついた汚れがある場合は先にウェットティッシュなどで汚れを落としておくと良いです。また乾いたファイバークロスはトイレの棚の中に入れておけばいつでも気になったときに掃除ができて便利です。

 - 片付け・掃除・断捨離