金利1.2%は継続できず。東京スター銀行の仕組み預金(右肩上がり円定期)が満期償還

   

東京スター銀行

ローズマリーです。

私が持っている定期預金の中ではダントツに金利が高い(1.2%)東京スター銀行の仕組み預金(右肩上がり円定期)。最大の満期は10年なのですが預け入れから6年間経ち、ついに満期償還となりました。

仕組み預金とは?

仕組預金は満期の時期を銀行が決められるというものです。

私が持っていた東京スター銀行の仕組み預金(右肩上がり円定期)は最大満期が10年。最初の3年は金利1.0%、次の3年は金利1.2%。そしてその後は1.5%になるという商品でした。今回継続できれば金利1.5%とかなりの高金利が期待できたので満期償還になったのは残念です。

満期になったお金はどうしよう?

無リスク資産として持っていた仕組み預金。今はリスク資産の割合を少しずつ上げている時なのですが、満期になったのは結構大きな額なのですべてをリスク資産に入れるのは抵抗があります。

定期預金キャンペーンでもあまり魅力のある金利のものは少ないので、ここは大阪信用金庫のネットDE定期(金利0.395%)一択!といってもすべてのお金を入れることはできないので一部は個人向け国債を買うことにします。

夏に満期になるお金もあるので、大阪シティ信用金庫にも口座を作ろうかな…と考えてます。

(参考記事→高金利の定期預金!大阪信用金庫と大阪シティ信用金庫を比較。

 - 定期預金