お酒のおつまみにおすすめ!鶏レバーの柔らか煮

   

sakeotsumami0921

鶏レバーは安く買えて鉄分補給もでき、好きな食材です。生姜風味でお醤油味で炊くとお酒のおつまみに最高なのであまり料理をしない私でもたまに作ります。料理酒とお醤油と生姜スライスを煮立たせた中に洗って処理した鶏レバーを入れて炊くだけ。とても簡単な料理です。

でも少し前にお店で出していただいた鶏レバー料理が私の「鶏レバー観」を変えました。

普通レバーを炊くと固くなるのですが、そのお店のレバーはしっとりと柔らかいのです。失礼にならない程度にお店の大将に作り方を聞いたら「低温でゆっくり火を入れる」とのこと。お店の味を再現すべく実験を繰り返しようやく納得のいくレシピができたので紹介します。

鶏レバーの柔らか煮のレシピ

準備するのは鶏レバー。食べやすい大きさに切って綺麗に洗います。黄色い脂肪の部分や血も良く取ってください。臭みが気になる方は洗った後で30分ほど水にさらすと良いでしょう。

reba1

料理酒100ml、お醤油大さじ2(30ml)、水大さじ2(30ml)、しょうがの薄切りを合わせて煮立たせます。
これが調味液になります。ボールに移して粗熱を取ります。

reba2

調味液が手で触れるくらいの温度まで冷めたら、ペーパータオルで水けを取った鶏レバーを入れて一緒にジップロック(R)に入れます。

reba3

大きめのお鍋(保温性のあるものだとGOOD)にお湯を沸かし、80℃くらいの温度にします。ジップロックが入ると温度が下がるので85℃くらいでも大丈夫です。

reba4

先ほどのジップロックが密封されていることをよーく確かめてから鍋の中に入れて蓋を閉めます。
保温性を保つためにタオルや毛布でぐるぐる巻きにして2時間くらい放置します。

*1時間後に温度を測ったら60℃くらいまで下がっていたので弱火で80℃まで温めてからさらに1時間放置しました。
放置時間や温度はレバーの様子を見て決めて下さい。保温鍋シャトルシェフがあれば、お湯の温度が80℃になってから保温鍋に移して一時間ほどでできあがります。

鶏レバーを調味液から出したらできあがりです♪

eba5

美味しくいただきました。

右側は大根の和え物。これもとっても簡単。マヨネーズ、オイスターソース、すりごま(練りごまで代用可)を1:1:1の割合で混ぜたソースで千切りにした大根を和えます。大根から水気が出るので切った後の大根をペーパータオルで良くふくことと合えたらすぐに食べるのがポイントです。スティック状に切った大根や人参にこのソースをつけて食べても美味しいです。


 - 料理