結婚後の改姓手続。マイナンバー通知カードを受け取ってから氏名変更したときの手続きまとめ

mynumbercard

再婚して改姓したローズマリ-です。

改姓手続きはとっても面倒!そしていちばん困ったのが「マイナンバーカード」の取扱いです。

マイナンバーカード(マイナンバー通知カード)をもらってから改姓したときにどういう手続が必要なのかをまとめました。

改姓したらマイナンバーカード(マイナンバー通知カード)を持って市役所へ行こう!

マイナンバー通知カードには旧姓の氏名と住所が書かれてます。

苗字や名前が変わったらマイナンバー通知カードを市役所へ持っていき、裏側に新しい氏名を書いてもらいます。 この部分です。

マイナンバー通知カード

新しい苗字・名前は手書きで書かれ、その横に市役所の方が判子を押します。

住所が変わった時も同じように裏側に新しい住所を書いてもらいます。

改姓後にマイナンバーカードを申し込むには

改姓前にマイナンバーカードを作っていない場合

わたしは改姓前にはマイナンバー通知カードをもらっただけで、マイナンバーカードを申請してませんでした。

今回氏名変更ができたので、マイナンバー通知カードの部分を切り取り写真を貼ってマイナンバーカードの申請をしようと思ったのですが、

・申請書の表側に書かれているのは旧姓の氏名。

・裏側に新しい氏名を書いてるけど、その部分は切り取って保管するので表側の氏名と裏側の署名とで名前が違う。

これをそのまま提出していいのか疑問に思い、もう一度窓口で聞きました。

「これはもう使えないので新しい用紙に必要事項を書いてください」

新しい用紙をもらい、その用紙に自分のマイナンバー番号、氏名、住所を記入します。

古いカードのコピーを添付しなくても番号で識別できるそうです。

改姓前にマイナンバーカードを受け取っている場合

マイナンバーカードをすでに持っていてその後に改姓した時も、マイナンバー通知カードと同じように市役所へ持っていって新しい名前を書いてもらいます。住所が変わった時も同じです。

旧姓と新姓の両方が書かれているカードになるので、銀行などで改姓手続きをするときの身分証明にも使えます。



まとめ

  • 氏名や住所変更をした場合は新しい住所地の市役所へ行って「マイナンバー通知カード」の裏側に新しい氏名、住所を書いてもらう。
  • マイナンバーカードを申請するなら、新しい用紙をもらって提出する。
  • マイナンバーカードを持っている状態で氏名変更した場合はマイナンバーカードを市役所へ持っていって裏側に新しい氏名、住所を書いてもらう。

銀行口座や証券口座で氏名変更や手続きをするにはマイナンバー通知カード(又はマイナンバーカード)の写しが必要です。旧姓のままでは使えないので早めに手続きをしましょう。

改姓手続き全般はこちらの記事にまとめてます。

結婚後の改姓手続。銀行、証券会社、クレジットカード、公共料金などの手続きをまとめました。

改姓により必要になるのがハンコです。私は銀行印、実印ともこちらの印鑑を買いました。とっても安いのに高級感があって良かったです。