退職後、専業主婦(専業主夫)の妻(夫)に嫌われない方法。定年退職した人や専業主婦の奥さんと仲良くしたい人必見!

退職後喧嘩している夫婦のイメージ

こんにちは、ローズマリ-です。

定年退職した夫が家にずっといると「主人在宅ストレス症候群」で妻がストレスを抱えることが多いそうです。

我が家は男女逆転夫婦。私は28年間会社員として働いた後、50歳でアーリーリタイアしました。

夫である相方くんは結婚を機に仕事をやめて専業主夫に。

現在も相方くんが専業主夫で、料理・アイロン・家計管理以外の家事はほとんど相方くんがしています。

hanayome
結婚しました。未亡人から人妻へ。アラフィフでもあきらめなければ結婚できた
専業主夫と会社員妻の家事分担。できる方ができることをするのが我が家のルール

そんなわたしたち夫婦。私は家事もひととおりできるし退職後に相方くんが「主人在宅ストレス症候群」になるなんて考えてなかったのですが・・・

(むしろ一緒に過ごせる時間が長くなるので仲良くできると思ってたのに・・・)

実際には私が退職してから相方くんのストレスが大きくなり、それがもとでケンカになることが多かったです。

結婚してからまだ2年ちょっとなのですが、2年でも相方くんはすっかり「専業主夫思考」になっていて「会社員思考」の私 と考えが違うことがストレスやケンカの原因でした。

退職してから7ヶ月経ち、ようやく少しずつですがストレスやケンカが減ってきました。

そこで、私なりに考えた専業主婦(専業主夫)の妻(夫)から嫌われないための方法を紹介します。

アーリーリタイアを考えている方、もうすぐ定年退職する方、そして退職してなくても専業主婦の奥さんと最近うまくいってないな~と思っている方に読んでいただきたいです。

専業主婦(専業主夫)の生活サイクルを乱さない

退職直後は専業主婦(専業主夫)の生活リズムに合わせよう

専業主婦(専業主夫)はずっと家にいるわけですが

  • 毎日、何時にこの家事をやる。
  • 週に◯度はこの家事をやる。
  • 買い物は週に◯回。A店で食品を買い、B店で生活用品を買う。
  • ストックは◯個。残り△個になったら□個を買い足す

のように家事や生活のルーティーンができてます。

退職してから相方くんを見ていると

  • 朝起きて歯を磨いたらベランダの植物に水やりをし、その後掃除機をかける
  • 朝ごはん、お昼ご飯、夜ご飯の後は食器洗いのあと台所の床をふき、その勢いで家中にクイックルワイパーをかける
  • トイレ掃除は週1回。お風呂のカビ取りは月1回。

というようにやるべきことを決め、てきぱきと家事をこなしてます。

普段はほとんど趣味のゲームをしたりテレビを見たりしてるのですが、家事の時間になったらきちんとやる!

そんなときに「掃除すべき場所」に私がいると邪魔になってストレスになったようです。

また退職してすぐの頃はブログや読書など「自分がやりたいこと」に熱中するあまりに、料理の準備を始めないといけない時間になっても切り上げられず、結果ご飯の時間が遅くなることもありました。こういうのも相方くんにはストレスでした。反省・・・

買い物に行く時間も彼の中でなんとなく決まってるので、「買い物行くよ~」と言われたときに私がブログや読書などの趣味に熱中していて

「もうちょっと待って~」

「今じゃなくていいじゃない」

なんて言うと機嫌を損ねました。

専業主婦(専業主夫)一人が家にいる生活と2人とも家にいる生活とでは生活リズムが変わってくるのでしょうが、最初のうちは主導権は今まで家にいた専業主婦(専業主夫)!まずは相手のリズムに合わせて生活するのが家庭平和のコツです。

私の経験からは、最初の2ヶ月は相手のリズムに合わせるのが良いと思います。

良かれと思ってやった家事が嫌がられることもある

毎食後、後片付けをしてくれる相方くん。

お皿洗いを手伝おうとしたら叱られました。

相方くんいわく「自分のペースで自分の好きなようにやりたい」そうです。

良かれと思って手伝ったつもりが足手まといになることもあるのです。

いきなり手を出すのではなく「なにかやってほしいことある?」と一声かけるようにしましょう。

相方くんが台所仕事をしているとき、私は邪魔にならないよう別の場所を掃除したりしています。

掃除のイメージ
年末の大掃除をしなくていいかも。1日1箇所ていねい掃除はじめます。おすすめ洗剤と本も紹介。

最近は「ゴミ出してきて」「今日はお風呂洗いして」と頼まれることが多くなりました。

頼まれた時=今すぐやって欲しい時です。頼まれたらすぐにやるようにしています。

専業主婦(専業主夫)は論理、正論よりも感情で動くことを理解する

我が家の近くにはスーパー、ホームセンター、ドラッグストア(ちょっとした食料品もおいてる)の3つのお店があります。

スーパーにはほとんどのものが売っているのですが、相方くんにはこんなこだわりがありました。

  • 普通の食料品はスーパーで買う
  • 洗剤などの生活用品はホームセンターで買う
  • トイレットペーパーや一部の洗剤、ヨーグルトはドラッグストアの方が安いのでドラッグストアで買う(特売日を狙って買いに行く)

スーパーへ食料品を買い出しにいったばかりなのに次はドラッグストアへ行くと言われると、こっちもしんどいので

「スーパーで全部買えばいいじゃない」

と言いたいところですが、これを言ったら戦争になります(笑)。

値段の差はちょっとなのですが、節約というより「安く買えた」という達成感を買い物で味わってるようです。

また相方くんは心配性なので、買うときはやたら多くモノを買います。

私はどちらかというとミニマリスト派なので「なくなったらまた買いに行く方が合理的」だと思うのですが、この「合理的」という言葉も戦争のもとです。

相方くんが買いたいモノを買いたい量買ってもらう。ちょっとモノがギュギュっとなっるのは我慢してケンカを避けてます。

「合理的」「論理的」は禁句!専業主婦(専業主夫)を正論で打ち負かすのは夫婦喧嘩のもと

仕事をしていると、「合理的」「論理的」なことを優先しがちです。そして正論は正義!

でも家庭では正論で攻めてもうまくいかないことがあります。

参考として、私が失敗したエピソードを紹介します。

ある日、スーパーの近くにある魚屋さんへ一緒に買い物にいくことになりました。

魚屋さんの魚の方が美味しいのでたまには美味しいものを、と気づかったつもりだったのですが、これがバトルのもとになるとはつゆ知らず・・・

魚屋さんは我が家とスーパーを結ぶ道のその先にあります。我が家からスーパーまでは歩いて8分。魚屋さんはさらに3分くらいの距離です。

先に遠い方の魚屋さんへ行って魚を買い(買うのはお刺身など軽いものなので)帰りにスーパーへ寄るのが合理的なので、私はこのルートを提案しました。

でも相方くんは先にスーパーで買い物し、荷物をいったん家に置いてからもう一度魚屋さんへ行きたいと言いました。

相方くんの真意はよくわからないのだけど、魚屋さんで買った魚を持ったままスーパーへ行くのが嫌だったのかな・・・

私が素直に相方くんの意見に従わなかったのでバトルが勃発!!

「合理的」「論理的」という正論は通じません。

最終的には私が折れて相方くんの言う通りにしたのですが、最初から相方くんの言うことにハイと行ってればバトルにならなかったので反省です。

だいじなことなのでもう一度言います。

「合理的」「論理的」が通じない相手もいます。奥様がそういうタイプなら家では禁句にしましょう。

一緒に楽しめる趣味・楽しみを持つ

退職した後、なにもすることがなくて家にずっといる。妻が出かけようとすると「ワシもついていく」という夫は「濡れ落ち葉」と呼ばれて嫌がられます。

でもその逆に、自分のしたいことがありすぎる方も要注意です。

私がこのタイプなのですが、退職してすぐの頃はブログのテーマを変更したり編み物にハマったり、相方くんのことをほったらかして自分がやりたいことばかりしていました。

相方くんもゲームをしたりアニメを見たり自分の趣味を楽しんではいるのですが、お互いがお互いの好きなことだけしていたら夫婦じゃなくてただの同居人になってしまい仲良くなれません。

たくさんの趣味のうちの一つに相手の好きなものを入れましょう。

我が家では、相方くんが映画好きなので月に1度は映画を見に行くようにしています。これは退職する少し前から習慣づけました。

またアニメ好きな相方くんが一人で見ていた「ピアノの森」の原作漫画を読み、アニメのストーリーに追いついたところから一緒に見るようにしました。

最近はお笑いライブにも良く一緒に行ってます。2人の共通の趣味は「お笑い好き」だけですから。

R-1ぐらんぷり2018チャンピオン!濱田祐太郎さんのネタを生で見た感想

私が歩み寄ったら相方くんも歩み寄ってくれます。私はレイザーラモンRGさんの大ファンなのですが、一度一緒にレイザーラモンRGさんのイベントに行ったら相方くんもRGさんファンになりました。大阪と京都でやるレイザーラモンRGさんのイベントは全て行くつもりです。

新曲「いただきます」のCDももちろん買い、一緒に聴いてます。

専業主婦(専業主夫)にとって家は職場。家を離れて休める時間を作る

これは退職する前から感じてたことですが、専業主婦(専業主夫)にとって家は職場です。

家にいたらつい床の汚れが気になったりしてしまいます。

なので、たまには主婦(主夫)をお休みできる日を作るようにしています。

まずは外食。家でご飯を食べたら片付けるのは相方くんになるので(私の洗い方は相方くんが気に入らないのです…)最低月に1度は外食するようにしています。

相方くんはグルメ番組を見るのが好きで、テレビで紹介されたお店にすぐ行きたいタイプ。

気になるお店を手帳に書いているので、次は◯◯へ行こうね、という話もできるし美味しかったお店をブログで紹介することもできるので一石二鳥どころか三鳥です。

鳥羽で泊まったお宿も相方くんがテレビで見て行きたい!といった場所でした。

潮路亭
鳥羽国際ホテル 潮路亭 露天風呂付き客室に泊まった感想と伊勢神宮参拝レポート(伊勢鳥羽志摩旅行記2)

そして究極のお休みは外泊。

2ヶ月に1度くらい、お友達の家に泊まりに行って羽を伸ばしてます。

ご飯を作らないで済む(一人のご飯だと手抜きでOK)ので私もラクです。ちょっと寂しいけど。

感謝の気持ちは言葉で示す

ご飯の後、ちょっと休憩していたらいつの間にか食器が片付いている。

私はなにもしていないのに、いつも部屋がきれい。

我が家のルンバはとっても優秀!じゃなくて、全部専業主夫の相方くんがやってくれてるのです。

片付けが終わったら「おつかれさま」「ありがとう」と声に出して言うようにしています。

私もお風呂掃除をしたら「お掃除したよ~!」と「ありがとう」をせがんでますが(笑)。

お互い、ちょっとした気づかいをすることで気持ちよく過ごせます。

まとめ

私が考える、退職後、専業主婦(専業主夫)の妻(夫)から嫌われず仲良く過ごすための方法は

  • 専業主婦(専業主夫)の生活サイクルを乱さない
  • 専業主婦(専業主夫)は論理、正論よりも感情で動くことを理解する
  • 一緒に楽しめる趣味・楽しみを持つ
  • 専業主婦(専業主夫)にとって家は職場。家を離れて休める時間を作る
  • 感謝の気持ちは言葉で示す

会社は退職できても主婦(主夫)は退職できません。

すべての主婦(主夫)の方にあてはまるかどうかはわかりませんが、退職後も夫婦仲良く過ごすためにこの記事が役立てばうれしいです。