鶏レバーの柔らか煮はお酒のおつまみにオススメ!固くなりすぎないオリジナルレシピを紹介します。

sakeotsumami0921

鶏レバーは安く買えて鉄分補給もできます。

しょうが風味のお醤油で炊くとお酒のおつまみに最高です。

料理酒とお醤油としょうがをを煮立たせた中に洗って処理した鶏レバーを入れて炊くだけ。とても簡単な料理です。

でも少し前に居酒屋でいただいた鶏レバー料理が私の「鶏レバー観」を変えました。

普通レバーを炊くと固くなるのですが、そのお店のレバーはしっとりと柔らかいのです。失礼にならない程度にお店の大将に作り方を聞いたら「低温でゆっくり火を入れる」とのこと。お店の味を再現すべく実験を繰り返し、ようやく納得のいくレシピができたので紹介します。

鶏レバーの柔らか煮のレシピ

準備するのは鶏レバー。食べやすい大きさに切って綺麗に洗います。

黄色い脂肪の部分や血も良く取ってください。臭みが気になる方は洗った後で30分ほど水にさらすと良いでしょう。

洗った鶏レバー

料理酒100ml、お醤油大さじ2(30ml)、水大さじ2(30ml)、しょうがの薄切りを合わせて煮立たせます。ボールに移して粗熱を取ります。しっかり煮立たせることでしょうがの香りが出ます。

鶏レバーを炊く調味液

調味液が手で触れるくらいの温度まで冷めたら、ペーパータオルで水けを取った鶏レバーを入れてジップロック(R)に入れます。

ジップロックに入れた鶏レバーと調味液

大きめのお鍋(保温性のあるものだとGOOD)に水を入れ、85℃になるまで温めます。

reba4

先ほどのジップロックが密封されていることをよく確かめてから、鍋の中に入れて蓋を閉めます。

保温性を保つためにタオルや毛布でぐるぐる巻きにして2時間くらい放置します。

シャトルシェフを使うとしっかり保温できます。

放置時間はレバーの様子を見て決めて下さい。鶏レバーを調味液から出したらできあがりです。

ヘルシオ ホットクックを使えばもっと簡単

鶏レバーの下準備は上に書いたのと同じです。

料理酒100ml、お醤油大さじ2(30ml)、しょうがの薄切りをホットクックに入れ一度沸騰させます。別の鍋で煮立たせたものをホットクックに入れても良いです。

ふたの裏にまぜ技ユニットを付けます。

手動調理、発酵で85℃90分加熱したらできあがりです。

均一に熱が入るようにまぜ技ユニットをつけるのと、しょうがの香りをしっかり出すために最初に調味液を煮立たせるのがポイントです。

ホットクックについては以下の記事で紹介しています。

ヘルシオ ホットクックを使った感想。材料を入れるだけでほったらかし調理できるすぐれもの!

鶏レバーの柔らか煮

お皿に盛り付けて、お酒と一緒に美味しくいただきました。

右側は大根の和え物です。これもとっても簡単。マヨネーズ、オイスターソース、練りゴマを1:1:1の割合で混ぜたソースで千切りにした大根を和えます。

大根から水気が出るので、切った後の大根をペーパータオルで良く拭くことと、あえたらすぐに食べるのがポイントです。

このソースにスティック状に切った野菜をつけて食べても美味しいです。