医療保険・がん保険が必要なのはどんな人?貯金できない人は最低限の保険に入っておこう

病気のイメージ

こんにちは、ローズマリ-です。

わたしは「子供がいないなら生命保険は不要」「誰でも医療保険は不要」という考えです。

日本の健康保険制度はかなり充実しているので、病気になっても医療費はそんなにかかりません。

保険料に相当するお金をを貯金しておけば、病気やケガなど『いざという時』に自由にお金を使えます。

安心のイメージ
「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由を読んで、改めて自分の保険を見直しました。

でも最近、相方くんの知人の話を聞いて「保険に入っておいて良かった人もいる」ことを知りました。

さて、保険が必要なのはどんな人でしょう?

がん保険に入っていて助かった!という知人のはなし

知人の方は、国民年金を受給しながら仕事をしていました。国民年金と仕事の収入で生活費をまかなっていたようですが、貯金はゼロ。毎月の収入をそのまま支出に回す自転車操業家計でした。

(実際は自転車操業どころかクレジットカードの使いすぎでマイナス家計だったようです)

自転車操業家計でも働いている分には問題がなかったのですが、健康診断でガンが見つかり、手術が必要と言われたそうです。

身体のことを考えて仕事をやめる決断をしたのですが、そうすると今後の生活は赤字会計になります。

ガンの治療費は健康保険でなんとかなるかもしれませんが、毎月必要なお金は年金だけではまかなえません。

生活を見直したら節約する余地があるかもですが、病気がわかったショックでそれどころではなさそう。

今後の生活をどうしよう・・・と思っていたのですが、がん保険に入っていたので一時金(ガンと診断されたときに給付されるお金)が入るので一安心したとのことです。

手術のために入院すれば、入院給付金が出るでしょう。がん保険に入っていて良かったです。

世の中には「貯金できない体質」の人もいる。そういう人には保険が必要かも。

健康なときには、赤字家計でも自転車操業家計でも「働いている限りお金はまわる」という思いがあるかもしれません。

病気になってから「いざという時のために貯金しておけば良かった」と思っても遅いです。

この話を聞き、世の中にはお金が手元にあればあるだけ使ってしまう「貯金できない体質」の人がいるとわかりました。

そういう人は、強制的に毎月保険料を引かれる医療保険やがん保険に入っておくほうがいいのかもしれません。

『いざという時』に備えるには貯金が一番!でも貯金できない体質なら最低限の保険に入っておきましょう

今この記事を読んでいるあなた。『いざという時』のためにお金を貯めてますか?

ある程度お金があるならだいじょうぶです。なかったら今からコツコツお金を貯めて「貯金体質」になりましょう。

貯金ゼロのあなたへ。まずは50万円!貯金体質になって心の余裕を手に入れよう
  • どうしてもお金を貯めることができない
  • 手元にあるお金を全部使ってしまう

そういう人は、医療保険やがん保険に入っておくほうが良いでしょう。

決して保険で儲けようとは思わないこと!

保険は「万が一」のことがあった時に備えるものですから、掛け捨てで毎月の保険料が安いものを選びましょう。

また、現在貯金はないけど毎月高額の保険料を払っているという方は、保険を見直して差額を貯金にまわしましょう。

【保険見直しラボ】なら無料で何度でも相談できます。

自分が納得がいくまで十分に説明を聞き、必要最低限の保険に入るようにしてください。

保険見直しラボ