池田泉州銀行のすみれの花定期預金はおトクなの?宝塚歌劇チケットが当たったときの金利を計算しました。

池田泉州銀行すみれの花定期預金

こんにちは、ローズマリ-です。

宝塚歌劇チケットがあたる、池田泉州銀行の「すみれの花定期預金」。

私も運試しとして定期預金を作りました。

定期預金を作った経緯はこちらの記事に書いてます。

池田泉州銀行退職金一時預かりプレミアムプラン(金利1.5% )を使った感想

どんなチケットがあたるのか、またチケットが当たった場合の金利はどのくらいになるのかを検証しました。

池田泉州銀行 すみれの花定期預金の内容

  • 金利:スーパー定期・スーパー定期300の店頭表示金利(2018年6月での金利は0.01%)
  • 預入金額:100万円位上100万円単位
  • 預け入れ期間:1年もの(自動継続型/元加式)
  • 預け入れ方法:窓口またはインターネットバンキング・テレホンバンキング
  • 抽選方法:100万円ごとに1口。毎月末日時点での預入れ金額を基準として自動抽選。3年以上継続して預けると抽選券が2倍に。

「自動継続型/元利」とは、預入後の利息がそのまま定期預金の元本に組み入れられるということです。

普通預金はゼロのままなので、解約するまでほったらかしで済むのが良いです。

定期預金そのものの金利は0.01%と少ないです。100万円を預けたら1年間の利息はたったの100円。税引き後は80円です。

でもチケットが当たれば大変おトクです。どのくらいおトクなのか詳細を確認しましょう。

池田泉州銀行 すみれの花定期預金であたる宝塚歌劇チケットの内容

タイトル
同一回の抽選で、同一人の重複当選はありません。
当選はお一人さま1年間につき、最高3回までとさせていただきます。

チケットの料金は以下です。(宝塚大劇場ページより)

  • SS席:12,000円
  • S席:8,300円
  • A席:5,500円
  • B席:3,500円

池田泉州銀行 すみれの花定期預金で宝塚歌劇チケットが当たった場合の金利

毎月当たる可能性があるチケットはS席。

20組40名と当選確率は低そうですが、当たればチケット代金は8,300円×2=16,600円。

100万円の預金で当たれば金利は1.66%です。

同じように計算すると、座席ごとの金利はこのようになります。

  • SS席:2.4%
  • S席:1.66%
  • A席:1.1%
  • B席:0.7%

一番高いSS席で2.4%、一番安いB席だと0.7%です。

いまは金利が高くても0.5%なので、B席でも当たれば大きいですね。

SS席はなかなかチケットが取れないので、当たればとってもラッキーです。

公式ページによると、6月末時点で預入れがあれば合計260組520名に貸切公演が当たる可能性があるそうです。

当たるといいな・・・

確実に宝塚歌劇チケットを手に入れたいなら友の会に入るほうがいいかも。

といっても毎年抽選にはずれる可能性の方が高いでしょう。

一般販売では良いチケットはなかなか手に入らなそうですが、宝塚友の会に入れば先行販売で有利にチケットを買えそうです。

友の会の会費は、一般会員2,500円。Web会員1,500円。

そんなに高くないのでほんとに宝塚歌劇をみたいのなら1,500円払って会員になる方が良いですね。

一度相方くんと一緒に宝塚歌劇を見に行ったことがあるのですが、きらびやかな舞台にわたしよりも相方くんのほうが感動し、友の会に入ってほしいとせがまれてます。

今は吉本新喜劇のチケットが有利に買える「よしもとプレミアムメンバー(年会費3,600円)」に入っているので悩むところです。

友の会に入ったら結構な頻度でチケット購入をせがまれそうだし…(笑)

でもよく考えたらよしもとプレミアムメンバーよりも宝塚友の会の方が年会費が安い!

どうしても見たい舞台があったら宝塚友の会に入ろうと思います。