THIRD石垣島のオールインクルーシブステイと美しい海を楽しむ。3泊4日石垣島旅行記(前編)

THIRD石垣島ルーフトップ

こんにちは、ローズマリ-です。

Go Toキャンペーンを利用し、3泊4日で石垣島へ行ってきました。

コロナでゴールデンウィークもお盆もどこへも出かけられずウツウツとしていたところ、Twitterでこんな魅力的なツイートを見かけまして…

石垣島へ行きたい!

このホテルに泊まってゆっくりコロナ疲れを癒やしたい!

思いついたら行動は早い(笑)。ホテルと飛行機を予約して3泊4日で石垣島のホテルと海を堪能してきました。

結論から言うと 石垣島最高!THIRD石垣島も最高!また行きたい!

オールインクルーシブホテルTHIRD石垣島の紹介とともに旅の記録をつづります。これから石垣島へ行く方の参考になれば嬉しいです。

旅の準備

まずは旅行のきっかけになったTHIRD石垣島を2泊予約。Go Toキャンペーンで普段より安くなってました。

そして航空券。石垣島までは関西空港から直行便が出ているんですね。最初は2泊3日の予定で取りましたが、やっぱりもう少し長くいたくなり帰りの航空券はキャンセルして次の日に取り直し。そして別のホテルをもう1泊予約しました。

1日目だけ事前に竹富島観光のツアーを申し込み、あとはノープラン。一人旅なので気の向くままに過ごそうという作戦です。THIRD石垣島はおこもりできるホテルなので、3日目まではホテルの中だけで過ごすのもいいかな…なんて考えてました。

1日め:竹富島観光とTHIRD石垣島ステイ

石垣島へ到着したらテンションアップ!

関西空港出発7時30分、石垣島到着10時という早い時間の便に乗りました。初めてのPeach、初めての関西空港第2ターミナルにドキドキしましたが無事飛行機に乗って石垣島空港に着きました。

まずは空港内のミルミル本舗でアイスを食べて休憩。紅芋とユーグレナの2種類を選びました。欲張ったんじゃなくて2種類を選ぶスタイルなのです。

ミルミル本舗のアイス

ひと息ついたところで、バスターミナル(離島ターミナル)行きのバスに乗車。お天気もよく暖かくて気持ちがほぐれました。

バスの窓からは南国の木が見えてほんとにいい気持ち。Twitterではこんなつぶやきをしてました。

ひとりでバスに乗ってるだけなのに周りの景色みてうきうきしてる。
こんな笑顔 になったのいつぶりだろう。意識しなくても演技じゃなくても笑えるなんて。
飛行機の中で、旅行中は余計なこと考えず楽しいことだけ考えようと思ってたけど、そんな決意しなくても自然と楽しくなってる。
来て良かった。

石垣島バスから見た風景

離島ターミナルに着いたのは11時15分頃。THIRD石垣島は離島ターミナルのすぐ目の前です。荷物を預けてお昼ごはんを食べに行きました。

ホテルから歩いてすぐのところにバスターミナルがあり、この辺りが石垣島の中心です。ほんとに便利な場所にありますね。

お昼ごはんは「石垣島キッズ」というお店で。まずはオリオンビールで乾杯!

石垣島キッズオリオンビール

牛あぶり定食を頼みました。牛肉も美味しかったけどお味噌汁のおだしがほんとに美味しかったです。魚介のうまみたっぷり。右奥に見える器の中に紅しょうがが入ってます。

石垣島キッズ牛あぶり定食

竹富島観光~竹富島水牛車観光コース

石垣島離島ターミナル

事前に申し込んでいたのは竹富島観光コース。通常料金3,200円のところGo Toキャンペーン+事前ネット予約で1,880円でした。

13時発の船で竹富島に渡りました。竹富島までは約15分。竹富島の港から水牛車乗り場までは送迎バスで送ってくれます。

水牛車乗り場に到着。屋根の上のシーサーが可愛いですね。

水牛車観光の拠点

水牛車に乗って出発!水牛さんはのんびりと歩いてくれるのでゆっくり周りの景色を楽しめます。

竹富島の景色

途中、水牛さんに運転をまかせて案内の方が沖縄民謡を歌ってくれたり。ゆったりした時間を過ごせました。

水牛車から降りて記念撮影。お店の方は撮影してくれないのでお客さん同士で写真を撮り合います。一人旅でも大丈夫。同じく一人旅の方に撮ってもらいました。

水牛車と一緒に記念撮影

船に乗るまで時間があったのでレンタサイクルを借りて島の中を散策。西桟橋とコンドイビーチへ行きました。

コンドイビーチ

結構長く遊んでしまったので竹富島を出たのは16時20分。ホテルに着いたのは16時40分頃でした。

THIRD石垣島ホテルの紹介

THIRD石垣島ホテル

竹富島からの船を降りて離島ターミナルを出て、道路を渡った目の前にTHIRD石垣島ホテルがあります。

バスターミナルへは道路沿いに歩いてすぐ。街の中心地にも近く、ほんとに便利な場所です。

チェックインは機械で。事前に送られてくるQRコードをかざすとチェックイン完了です。そしてチェックインのときに出てきた紙を部屋にかざし、自分の顔を登録すると、鍵ではなく顔認証で部屋へ入ることができます。最新技術!部屋の鍵を持ち歩かなくていいのは快適でした。

ではお部屋の紹介です。じゃーん!

THIRD石垣島のお部屋シービュースーペリアツイン

ちょっと背伸びして「シービュースーペリアツイン」を取りました。

エコノミーツイン、スタンダードツインはベッドだけでソファーがなさそうだったのと、せっかくなら部屋から海を眺めたかったのです。

海が見える遊び心あるロフトがある、ワンランク上の広々としたツインルーム。大切な友人やパートナーとのステイを楽しみたい方のために。同じ部屋で過ごす時間は、旅の時間をより上質に。クイーンサイズベッドが2つあります。

石垣島公式サイトから引用

広々としたベッドが2つ並んでいるだけでなく、部屋もかなり広くて開放感があります。

ソファースペースはこんな感じ。角部屋なので正面と右側の窓から海が見えます。

THIRD石垣島シービューツインルームのソファースペース

スタイリッシュな洗面所。おなじものが2つあります。

THIRD石垣島の洗面所

トイレも2つ。2人で同じ部屋へ泊まるとお風呂やお化粧のタイミングを譲り合わないといけないのがイヤで女同士の旅でも一人ずつの部屋を取りたい派の私ですが、このホテルなら女友達と同室でも良いかもしれません。まあ当分は一人旅オンリーだと思いますが。

アメニティ。連泊する場合、交換が必要なものだけを部屋の中のタブレットから申し込みます。合理的なシステムです。

THIRD石垣島アメニティ

シャワールーム。ちょっと狭く見えますが、とても使いやすくて湯船がなくても全然気になりませんでした。シャワールームも2つあります。

THIRD石垣島シャワールーム

お部屋の探検が終わったところで夕食を食べに行きます。その前にトップトップテラスをのぞいてみましょう。

THIRD石垣島ルーフトップ

めっちゃ素敵な空間です。ただ風が強いと閉鎖されたり、ここへ持ち込める食べ物が限られているので(紙の箱に入れて持ち運べるものだけ)注意が必要です。ちゃんとした食事を楽しむなら2階の食事スペースに行くのが良いです。

食事スペースの奥側から手前に向かって撮ったものです。写真の上の方、手前側にカウンターがあり、そこで食事や飲み物を注文します。奥はソファー席ですが少人数用のテーブル席もあります。

THIRD石垣島食事スペース

1日めいっぱい遊んだのでお腹が空きました。まずは生ハムサラダとビール!

THIRD石垣島の生ハムサラダとビール

島豚ソーセージ。島とうがらし味と島らっきょう味の2種類。島とうがらし味は辛味が強くて辛味好きの私の心はわしづかみされました。

島豚ソーセージ

3種のチーズ。と赤ワイン、泡盛。

THIRD石垣島 3種のチーズ

食事が美味しいとお酒もすすみますね(笑)

食事の後は隣のブックラウンジに移動して置いている本を眺めながらウイスキーを少々…

よく食べてよく飲んでよく遊んだ1日でした。こんなにアクティブに動けるなんて自分でもびっくりです。石垣島の自然のチカラでしょうか。

2日め:川平湾観光と夕焼けスポット、そしてTHIRD石垣島ステイ

早起きして朝のルーフトップテラスを見学!うーん、やっぱりステキな場所ですね。

THIRD石垣島 朝のルーフトップテラス

朝食前にホテル周辺を散策。バスターミナルでフリーパスチケットを買いました。2,000円で全路線5日間乗り放題というとてもお得なチケットです(1日乗り放題のフリーパスは1,000円です)。

窓口の方に聞くとバスの乗り方など色々教えてもらえます。この日は石垣島を代表する名勝、川平湾へ行くことにしました。

バスの時間は8時55分。それまでゆっくり朝食を食べましょう。

THIRD石垣島の朝食

グレープフルーツジュースとコーヒー

THIRD石垣島朝食ジュースとコーヒー

アボカドとエビのオープンサンド。

THIRD石垣島朝食

サラダとアサイーボウル

THIRD石垣島の朝食サラダとアサイーボウル

どのお皿もとってもオシャレで写真映えしますね。味ももちろん美味しかったです。バナナ苦手なのにアサイーボウルも完食しました。沖縄のバナナは味が違う??

いったんお部屋に帰って…窓から見える青い空と青い海!この部屋にして良かった!

THIRD石垣島 朝の部屋から見た風景

川平湾観光とグラスボート

バスターミナル8時55分発のバスに乗って9時10分川平公園前バス停に到着。

バス停で待っていたお姉さんに案内されてグラスボートに乗りました。ここではGo Toキャンペーンでもらった地域共通クーポンが紙、電子とも使えました。電子クーポンはPayPayと同じような感じで、お店にある二次元コードを読み込んで使います。

川平湾グラスボート

グラスボートに乗ると、出発前から船の下に小さな魚が見えてます。

石垣島周辺はサンゴでできているのでお魚だけでなくいろんなサンゴを見ることもできます。

川平湾グラスボート

川平湾グラスボート

グラスボートを降りた後、周辺を散策します。青い海、青い空、白い砂浜!

川平湾とグラスボートと青い海

展望台から見た川平湾です。

川平湾展望台からの風景

近くにあった琉球真珠で海のような青がキレイなピアスを買いました。これもクーポンを利用したので実際の支払いは80円だけ。Go Toキャンペーンさまさまです。

川平湾琉球真珠で買ったピアス

お昼ごはんは川平公園茶屋でソーキそばを。

八重山そば(ソーキそば)

帰りのバスは直通ではなくあえて大回りの路線を選び、バスからの眺めを楽しみました。ゴージャスなホテルの前を通ったりするのが良かったです。

グラスボートでお魚とサンゴを見たからか、帰りのバスの中でふと「シュノーケルしたい」という思いが湧いてきました。離島ターミナルの内の安栄観光の観光デスクで相談し、小浜島から幻の島へ行く幻の島 お魚畑シュノーケルツアー(午前発)を申し込みました。このツアーも通常9,100円のところ5,900円。うち5,000円はクーポンを使ったので実質900円でした。さらに1,000円分の紙クーポンももらえます。

クーポンを使ってシュノーケルツアーに必要なバスタオルなどを買ってホテルに戻ります。

今日はだいぶホテルの勝手がわかっているのでお部屋に入る前にドリンク(レモネードソーダ)を注文。持ち帰り用のプラスチックカップに入れてもらいました。

THIRD石垣島のレモネードソーダをお部屋で

部屋から海を見ながら優雅にドリンクを飲む贅沢な時間です。

そのうち甘いものが欲しくなり2階の食事コーナーへ。ホテルに戻ったのは15時少し前だったのでドリンクしか提供してなかったのです。

黒糖アイスだけのつもりがなぜか横にアルコールが・・・

THIRD石垣島アイス

このままゆっくり過ごすつもりだったのですが、ふと「夕陽を見に行こう!」と思い立ち、バスターミナル16時15分発のバスに乗ってフサキビーチリゾートへ。川平湾へ行くのと同じ路線です。

思いつきで行動できるのが一人旅の良いところ。そして思い立ってすぐバスに乗れるのがTHIRD石垣島の良いところです。

夕陽スポット、フサキビーチリゾートと観音崎灯台へ

16時35分、フサキビーチリゾートのバス停に到着。ホテルへの入り口がわかりにくかったのですが、バスの進行方向(バス停から北側)へ行くと入り口があります。私は間違えて反対側へ行ってしまい、いきなりホテルの敷地内に入ってしまいました。

フサキビーチリゾートのお部屋はコテージタイプ。いつか泊まってみたいです。

フサキビーチリゾート

ブーゲンビリアが咲き乱れるアーチがあったり

フサキビーチリゾート

おしゃれなプールがあったり

フサキビーチリゾートのプール

ステキな風景を楽しみながら歩いていくとビーチの入り口が見えてきました。「フサキエンジェルピア」と書いてます。

フサキエンジェルピア入り口

フォトジェニックなエンジェルピア。夕焼けにはまだ早いので青い海と空を楽しめました。

フサキビーチ

奥には鐘があります。鳴らすといいことあるかな?(もちろん一人で鳴らしました)

フサキビーチエンジェルピアの鐘

ここからバス停ひとつぶん歩いてもう一つの夕陽スポット観音崎灯台を目指します。観音崎灯台の最寄りバス停は「唐人の墓」です。

観音崎灯台の下、海沿いの夕陽スポットに着いたのは17時30分

観音崎灯台夕陽スポット

バスの時間は17時42分なので急げば間に合ったのですが、夕陽が沈むまで海を眺めていたかったのでしばらくここで過ごしてました。この日の日の入りは18時30分。もう少し待てばきれいな夕陽が見られるはず!

海を眺めたり

観音崎灯台夕陽スポットから見た海

海をバックに自撮りしてみたり(写真は自粛)

波の音を動画で撮ってみたりして夕焼けを待ちます。

ようやく夕焼けっぽい風景を見ることができました。

観音崎灯台から見た夕焼け

この時点で18時10分。この後もう少し待ちましたが雲が多くてこれ以上良い風景は見ることができず、あきらめて帰ることにしました。

次のバスは19時37分発。さすがに1時間は待てないので道を歩きながらタクシーをつかまえてホテルに帰ってきました。

THIRD石垣島ルーフトップテラスで夕食タイム

お昼にホテルに戻ってきたときは風が強くて使えなかったのですが夜はルーフトップテラスに出られたので念願の「ルーフトップテラスで優雅に食事」をやってみました。

「ルーフトップテラスへ持ち出したい」と注文すれば食事も包んでくれます(持ち出せるメニューはカフェメニューの一部です)。

夜のルーフトップテラスも素敵。小さな灯りが置いていてとっても良い雰囲気です。

THIRD石垣島夜のルーフトップテラス

包んでもらった島豆腐ハンバーグのロコモコと赤ワイン、ソフトドリンクをテーブルに置いて食事を楽しみます。

THIRD石垣島ルーフトップテラスで食事を楽しむ

雰囲気はとっても良いのですが暗すぎて食べ物は「闇鍋」状態・・・味はとっても美味しかったんですけどね。

適当なところで切り上げて食事スペースに戻ります。

THIRD石垣島の夕食

前日も食べた島豚ソーセージと島野菜のピクルス、白ワインと泡盛も頼んでます。焦がしパインの泡盛、美味しかったです。ソーダ割りよりロックのほうが味がよくわかって美味しいです。

次の日は朝早くの出発&チェックアウトのため荷造りもあったのでそんなに遅くない時間に部屋へ戻りました。たくさん飲んだけど酔っ払うこともなく、部屋のテレビで見られるNetflixでお笑い番組を見ながらすこやかに眠りました。

3日め:THIRD石垣島で最後の朝を楽しんでからチェックアウト

3日目は朝7時40分に離島ターミナル集合と早くの出発。最後の朝食をゆっくり楽しみたかったので朝食開始時間(6時30分)までに身支度も荷造りもすませて一番乗りで食事場所へ行きました。

THIRD石垣島の朝食

サーモンとキウイのオープンサンド、サラダ、アサイーボウル、パイナップルジュース、紅茶です。オープンサンドに添えられてるサワークリームが美味しかった!THIRD石垣島の食事はどれも美味しかったのですが、この朝食セットが一番好きです。

チェックアウトは部屋の前であっという間に完了

オールインクルーシブなホテルTHIRD石垣島では「追加料金」が発生しない&宿泊料金はカードで前払いなのでチェックアウトは超カンタンです。お部屋を出てドアの外にあるタブレットで「チェックアウト」のボタンを押すだけ。朝早い出発にはほんと便利です。

大きな荷物は預かってくれるのでシュノーケル用のカバンだけもって港へGo!

THIRD石垣島さん、ほんとにお世話になりました。また行きますね。

この後、後編へ続きます。

玉取崎展望台の景色とハイビスカスTHIRD石垣島のオールインクルーシブステイと美しい海を楽しむ。3泊4日石垣島旅行記(後編)