志摩観光ホテルに泊まった感想。ゆっくりとした時間を過ごせるホテル。館内見学ツアーもおすすめです(伊勢鳥羽志摩旅行記4)

志摩観光ホテル

こんにちは、ローズマリ-です。

伊勢鳥羽志摩旅行2泊目は志摩観光ホテル ザ クラシックに泊まりました。

2016年に伊勢志摩サミットが行われて有名になったホテルです。

ホテルの紹介と泊まった感想を書きます。

この記事は、以下の記事の続きです。

伊勢神宮
旅の計画:伊勢志摩に行くなら「伊勢神宮参拝きっぷ」がオトク(伊勢鳥羽志摩旅行記1)
潮路亭
伊勢神宮参拝と泊まったお宿、鳥羽国際ホテル 潮路亭(伊勢鳥羽志摩旅行記2)
夫婦岩
鳥羽水族館と二見浦の夫婦岩を見た2日目。鳥羽水族館の見どころとおすすめ鳥羽グルメ(伊勢鳥羽志摩旅行記3)

志摩観光ホテル ザ クラシックのお部屋

志摩観光ホテルには、全室がスイートルームの「ザ ベイスイート」と「ザ クラシック」「ザ クラブ」の3棟があります。

宿泊できるのは「ザ ベイスイート」と「ザ クラシック」の2棟で、「ザ クラブ」にはレストランやラウンジのみです。

1泊目のお宿が高かったので2泊目は比較的リーズナブルな「ザ クラシック」のコンフォートツインルームにしました。

お部屋の中はこんな感じ。結構広いです。

ザ クラシック コンフォートツイン

清潔感のあるバスルーム。アメニティはミキモト コスメティックスのものです。

バスルームの写真

志摩観光ホテルのゲストラウンジはゆったりくつろげるスペース

「ザ ベイスイート」のラウンジは屋上庭園を望む開放的な場所

「ザ ベイスイート」と「ザ クラシック」それぞれにゲストラウンジがあります。宿泊者はどちらのラウンジも使えます。まずは「ザ ベイスイート」のラウンジへ行ってみました。

「ザ ベイスイート」のラウンジは最上階の5階にあります。ラウンジの外に広がる屋上庭園をながめながらお菓子コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、アルコールなどをいただけます。ゆったりとした時間を過ごせて快適でした。

屋上庭園に出てみます。かわいい新芽が芽吹いている木々、目の前に広がる英虞湾。とても素敵なお庭でした。

屋上庭園から「ザ クラシック」を見たところ。2つの棟の間にもお庭が広がってます。

ザ スイート ゲストラウンジのお庭

伊勢志摩サミットで首脳たちが記念撮影をした場所です。他の建物が映らないようベストショットが撮れる場所を選んだそうです。

志摩観光ホテルサミット撮影場所

下のお庭の中にも記念撮影をした場所がありました。

「ザ クラシック」のラウンジは落ち着いた雰囲気。ゆっくり本を読んで過ごしたい

続いて「ザ クラシック」のラウンジへ。こちらは2階にあって落ち着いた雰囲気です。

「ザ ベイスイート」と同様、お菓子や飲み物がたくさん置いてます。夜に行ったらウイスキーもありました。

伊勢、鳥羽や志摩観光ホテルにちなんだ本がたくさん置いてます。やっぱり志摩観光ホテルといったら華麗なる一族!

1人で来ていたらきっとここで上・中・下3冊とも読みふけっていたでしょう(笑)

ザ クラシックのゲストラウンジ

松本清張さんの「砂の器」もありました。はじめはなぜ?って思ったのですが伊勢の映画館で刑事さんが重要な証言を聞く場面がありました。SMAP中居くんバージョンのドラマも良かったですね。

志摩観光ホテルの食事

夕食はレストラン「ラ・メール ザ クラシック」でフランス料理のコースを

夕食はフランス料理のコースをいただきました。このレストランもサミットの会場になったそうで、サミット用のテーブルがどーんと置いてました。

レストランはかなり広くて客席と客席とのスペースもあったのでゆったり食事を楽しめました。

では食事の紹介です。

前菜 アミューズブーシュ 鯛のスモーク。

前菜

アワビと三重県産キノコのパピヨット。パピヨットは紙で包んでオーブンで焼いたものです。

アワビのパピヨット

パンはおかわり自由です。私は2つしか食べませんでしたが相方くんはもりもりおかわりしてました。

パン

伊勢海老クリームスープ。濃厚でとてもおいしかったです。

伊勢海老クリームスープ

伊勢まだいポワレ 三重県産柑橘のソース。三重県産の素材にこだわってますね。

伊勢まだいポワレ

みえジビエ 鹿肉のポワレ 赤ワインソース。鹿肉 柔らかかったです。ワインも進みます。

鹿肉のポワレ

デザート。さっぱりとした味のアイスクリームでした。

デザート

この後、コーヒーか紅茶をいただいてディナー終了です。

お腹いっぱいになりましたが飲みたりなかったのでこの後ラウンジでもう少しお酒をいただきました。

朝食はレストラン「ラ・メール ザ クラシック」で。洋食ブッフェまたは和食「重ね御膳」を選べます。

朝食も同じレストランでいただきました。洋食と和食を選べるのですが、落ち着いて食べたかったので和食を選びました。

食事の前に熊野みかんを使ったオレンジジュースが出てきました。このジュースがとっても美味しい!

「重ね御膳」という名前のとおり、2段のお膳が出てきます。

朝食お膳 朝食お膳

これにご飯とお味噌汁がつきます。ご飯はおかわりできます。ちゃんと店員さんが運んできてくれるので楽ちん♪

でも朝食は1泊目の潮路亭さんの方が美味しかったです。

志摩観光ホテルにはじめて泊まるなら館内見学ツアーがおすすめ!

宿泊者限定で、ホテルの歴史や伊勢志摩サミットの会場などを案内してくれる館内ツアーがあります。

朝9:00から約1時間。朝食を食べてからチェックアウトするまでの時間にちょうど良いです。

集合場所は「ザ クラブ」2階のロビー(「ザ クラシック」と「ザ クラブ」とは連絡通路でつながってます)

伊勢志摩サミットギャラリーがあり、伊勢志摩サミット当日のスケジュールや食事メニューなどを展示しています。

サミットで使われたテーブルも展示されてました。オバマさんと安倍さんが座った席に座ってホテルの方に写真を撮ってもらうのが定番だそうです。

サミットで使われたテーブル

サミットの準備のためにどんなことをしたか、とかサミット当日のウラ話などいろいろ楽しく案内してもらいました。またホテルの中には絵画がたくさんあり、その中の一部を紹介してくれました。

食事をしたレストランにも大きな絵を飾っていたのですが食事中には気がつかなかった!またホテルマンの方が趣味で書いた絵も1枚館内に飾られてます。どれがその絵なのかは、行ってみて確認して下さい。

志摩観光ホテルに泊まった感想 まとめ

ロビーの写真

館内ツアーを案内してくださった方が、「このホテルは観光拠点とするのではなく、ホテルの中でゆっくりとくつろいだ『志摩時間』を楽しんで下さい」と言ってました。ほんとにそのとおり、中にいるとゆったりと過ごせて居心地の良いホテルでした。

ロビーのソファーもゆったりしていて、チェックアウトした後も送迎バスを待つあいだゆっくり過ごせました。

お金に余裕があれば1泊ではなく連泊したい。そんな気持ちになるホテルでした。