SPDR S&P500 ETF(1557)約定。カブドットコム証券でのETF購入方法は?投資信託とETFどっちが良い?

米国株S&P500

こんにちは、ローズマリ-です。

最近注目されている米国株投資。

米国の株価指数として有名なのはS&P500です。

一般的に知られているダウ平均よりも構成銘柄が多く、広く分散されてます。

S&P500(エス アンド ピー ファイブハンドレッド、Standard & Poor’s 500 Stock Index)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数。ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数である。(Wikipediaより引用)

この指数に連動するETF、SPDR S&P500 ETF(1557)を買い増しました。

ETFは投資信託よりもちょっと購入するのが面倒ですが、投資信託よりも信託報酬が安いという魅力があります。

カブドットコム証券ではフリーETFといって手数料無料で買うことができるので、カブドットコム証券でのSPDR S&P500 ETF(1557)の購入方法を解説します。

またS&P500に連動する投資信託である「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」との違いについても書きます。

SPDR S&P500 ETF(1557)の特徴

【メリット】

  • 信託報酬が年率0.0945%と超低コスト。
  • 国内ETFなので円建てで買うことができる。
  • カブドットコム証券では手数料無料で売買できる。
【デメリット】
  • 一口単位で買わないといけない(定額で売買できない)。
  • 一口の値段がが3万円を超えてるので、少額での投資ができない。
  • 指値が難しい(成行きで買うこともできますが)
  • 配当金を自動で再投資できない。

カブドットコム証券でのSPDR S&P500 ETF(1557)購入方法

まず、カブドットコム証券にログインします。

お取引→現物株式買い注文をクリック

銘柄検索に「1557」と入力して「検索」ボタンを押します。

カブドットコム銘柄検索画面

検索ボタンを押すとこういう画面になります。

カブドットコム証券購入画面

右側の数字を見ると、現在の価格(この画面では31,550円)、売気配、買気配がわかります。

この数字を見ながら口数と指値を入力します。

口座区分を特定にすることにも注意しましょう。(一般口座で売買すると、あとでの税金処理が大変です)

この画面ではは1口、指値31,350円としました。

期間は最大に設定するのが良いでしょう。

よくばって低めの指値にしがちですが、低すぎると買えずに期間が過ぎてしまいます。

前回は指値31,200円にしていたので期間内に約定できず、31,500円に設定し直したら約定しました。

指値をいくらにするかを決めるのは難しいです。

投資信託(eMAXIS Slim米国株式(S&P500))とETF(SPDR S&P500 )どっちが良い?

S&P500に連動する投資信託 eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の特徴は以下です。

  • 信託報酬0.1728%(税込み)
  • 100円から購入可能。
  • 売買手数料は無料
  • 指値の必要なし

コスト(信託報酬)に注目するとETFのほうが良いですが、少額から買える、毎月積立もできる(つみたてNISAで買うこともできます)指値のようなめんどうな手続きをしなくて良いというメリットがあります。

信託報酬の差もわずかですので

  • インデックス投資初心者、少額ではじめたい人には投資信託
  • ある程度まとまったお金がある、指値や配当金再投資がめんどうでない人にはETF

をおすすめします。

私も少額ですがeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を買ってます。