nanacoカードで公共料金を支払って節約。一回の支払いで使える限度額は?

      2017/11/01

nanacocard





ローズマリーです。
公共料金の支払いをお得にするため、nanacoカードを作りました。

ガス代、電気代はクレジットカード払いができるのでクレジットカードのポイントが貯まります。

でも固定資産税、水道料金、国民年金はクレジットカード払いができません。そこでnanacoカードを使い、nanacoカードへクレジットカードからチャージした金額にポイントをつけてポイントを貯めるという裏技です。

nanacoカードへのチャージにはリクルートカードがオススメ

公共料金をコンビニ払いにしてnanacoカードで支払うと、nanacoカードへチャージする時にクレジットカードのポイントがつきます。このチャージでポイントが付くカードとつかないカードがあります。

ポイントがついてポイント還元率が高いのはリクルートカードです。還元率は1.2%。還元率2.0%のリクルートプラスカードは以前はポイントがつきましたが今はポイントがつきません。
またリクルートカードは年会費不要なので断然こちらをおすすめします。

nanacoカードにチャージできる上限は5万円。センター預かり分の上限は5万円。合わせて10万円以内の支払いはレジで支払えます。

今回 10万円を超える支払いをしようとして失敗し、上限額がわかったのでシェアします。

nanacoカードで10万円以上の支払いをする方法は?

準備

  • nanacoカードの中に入っているお金(チャージ額)を5万円にします。
  • 25,000×2回のクレジットチャージをしてセンター預かり額を5万円にします。

レジにて

レジで支払い票を出してnanacoカードで払いたいと伝えます。

1回目にはnanacoカードの中の5万円が支払われます。
2回目にはセンター預かり分がnanacoカードを経由して支払いにあてられます。これで10万円までは支払えます。

ここでスマホから上限29,000円のクレジットチャージをします。でも次にクレジットチャージしようとするとエラーになりました。

店員さんに調べてもらったら、1回の支払いでnanacoカードを分けて使えるのは3回ということでした。別のカードを持っていればそれで続けて支払えるそうです。

残りは現金で支払ってくださいと言われ、セブンイレブン内のATMでお金を下ろして無事支払いを完了することができました。

まとめ

nanacoカードで一括で支払えるのは3回まで!

nanacoカードのホームページを見たのですが一回の支払いでカードを使える上限は店舗によって異なるとしか書いてありませんでした。

とりあえずセブンイレブンでの支払い額の上限は

    • nanacoカードに入る上限5万円。
    • センター預かりの上限5万円。
    • 一回のクレジットカードの上限29,000円。

を合計した129,000円です。

リクルートポイントの使い道

リクルートカードのポイントは1.2%なので、今回の支払いで1309円分のポイントがつきます(正確にはクレジットチャージした金額の1.2%のポイントがつきます)。

このポイントはPontaポイントにしてLAWSONで使うこともできますし、ポンパレモールで使うこともできます。ポンパレモールでは送料無料のところもあるので主にお米などの必需品や本を買ってます。

またホットペッパーでの予約にも使えるのが便利です。初回は割安の料金設定をしているところもあるので、ポイントを更におトクに使えます。私はこれを使って整体を試しました。気になるサロンがあれば試してみるのはいかがでしょうか。


 - 節約