国内株式クラス投資信託のパフォーマンス比較。2016年11月末

201611

こんにちは、ローズマリーです。

毎月恒例の企画、ベンチマークとコストの異なる日本株式クラスの投資信託を毎月1万円ずつ積み立て、月末の成績を比べてます。11月末の成績を確認しました。

2015年5月から2016年1月までは以下の商品を買ってます。

・レオス-ひふみプラス

…信託報酬 1.0584%(税込み)

・<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

…信託報酬 0.1944%(税込み)

・ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

…信託報酬 0.27%(税込み)

2016年2月からはニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンドの代わりに

三井住友TAM-日経225インデックスe…信託報酬 0.2052%(税込み)を買ってます。

SBI証券 ポートフォリオ画面のハードコピー

2015年5月から2016年1月買い付け分

1611oldjapan

相変わらずひふみプラスのひとり勝ちですが、先月と比べるとその差が縮まってきました。

(先月末はTOPIX-9%、日経225-8%、ひふみプラス+5%でした。)

2016年2月から2016年11月買い付け分

1611newjapan

このところの株高で、今年の買付分はすべてプラスになりました。こちらはひふみプラスのひとり負け。TOPIXと日経225とはあまり変わりません。

今年の買付は今月が最後です。TOPIXと日経225との差はほとんど無いことがわかったので、来年からは信託報酬の安い<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドに絞って積み立てるつもりです。