毎月10分のチェックで1000万増やす!庶民のためのズボラ投資を読みました

毎月10分のチェックで1000万円増やす!ズボラ投資

ローズマリーです。こんにちは。

インデックス投資ブロガー吊ら男さんが書いた投資本、毎月10分のチェックで1000万増やす!庶民のためのズボラ投資を読みました。

吊ら男さんのブログはこちらです。→吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)

「毎月10分のチェックで1000万増やす!庶民のためのズボラ投資」は読みやすくわかりやすい!

本を読んだ率直な感想です。この本で書かれているのは「インデックス投資」なのですがこの言葉を「ズボラ投資」と言いかえて親しみやすくしています。

「インデックス投資」という言葉にはなじみがない人もいるでしょうが「ズボラ投資」なら初心者でもできそうかな?と思えそうです。

一生懸命勉強しなくても金持ちでなくても、お金を増やせる投資もあります。ズボラ投資はまさにそんな投資です。

本を読むのが苦手な人でも大丈夫。具体的なやり方が第1章に書いてます。

  • ステップ1 ネット証券に口座を開く
  • ステップ2 購入資金を入金する
  • ステップ3 投資信託を購入する

ほら、ずぼらな人でもできそうでしょ。

ネット証券(SBI証券 )の開設方法も詳しく書いてます。

なぜ「ズボラ投資」で資産が増えるのかのしくみやリスクについてもていねいに解説

第2章と第3章ではズボラ投資でなぜお金が増えるのか、リスク(どのくらいの損まで受け入れることができるか)を詳しく書いてます。この章でも難しい言葉は使わず、ズボラ投資のしくみを「ズボラなあなたの代わりに世界中の人に働いてもらう」としています。

リスクについては「ズボラ投資は短期的なソンを受け入れる」とし、短期的にはどのくらいの資産が減る可能性があるかを解説しています。これを参考に、手持ちのお金のうちどのくらいの割合をズボラ投資に入れるかを考えることができます。

ボッタクリ投資をズバッと切る!

和牛オーナーやワイン投資など世間を騒がせた詐欺投資についてバッサバッサと批判しています。 そして「マジメ系ボッタクリに気をつける」として大手金融機関が扱っているコスト(手数料)の高い投資信託などについて書いているのもためになります。

ネット証券はなんだかうさんくさいもの。広告をバンバン出している大手金融機関は信頼できるもの。と考えている人はまだ多いです。

特に私よりも年上の年配の方々は。私の両親もコストの高い投資信託を持っていて頭が痛いです。(洗脳を解くのは難しそうです)そういう人にこの本を読んでもらい、考えを変えてもらうことができたらいいなと思います。

節約についての考え方に共感

ズボラ投資=インデックス投資は大きく儲ける投資ではありません。

資産を増やすためには、投資に回す元金=(収入-支出)を増やすのが大切。

収入を増やすことはサラリーマンではなかなか難しいので、支出を減らす=節約することが必要です。

でも、食費を節約したり欲しいものを我慢するのはストレスがかかります。そこで毎月固定的に出ていくお金である

・保険料
・スマホ代
を減らすことを提言しています。

固定費の削減については以下の記事を見て下さい。

通信費の節約。スマホを持たずiPod touch+WiFiをおすすめする4つの理由

特に共感したのは

民間の医療保険は不要

ということ。私は終身保険に入っているのですが(これは年率が高いときに入ったお宝保険なので解約していません)、なんとなくつけていた医療保障は数年前に見直して解約しました。

安心のイメージ
「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由を読んで、改めて自分の保険を見直しました。

こんな人におススメ

現在すでにインデックス投資をしている人。投資ブログや投資本を色々読んでいる人には、知識のおさらいという感じで物足りなく感じるかもしれません。

でも以下のような人にはほんとにおすすめの本だと思います。

  • 投資に興味はあるけど難しい本を読んだり勉強したりするのはイヤな人
  • →本の前半部分を読むだけでも投資を始めることができます。
  • インデックス投資をしているけれども配偶者や親族に理解してもらえない人
  •  →読みやすい本なので、さらっと読んでもらえばある程度理解してもらえるでしょう。
  • 友人、知人に投資の方法について聞かれたけど懇切丁寧に教えるのは面倒な人
  • →ネット証券の開設の仕方から丁寧に書いているので、この本をわたして読んでもらえばOKです。